【皆さんの声】家づくりと白模型の相性は?

テコです。

これまで20年間で建築模型を2000棟以上製作させて頂きました。特に住宅白模型は1500棟以上になるかと思います。企画提案から検討、竣工後まであらゆる場面で活用することが可能で、実際の声も頂いております。今後の家づくりの参考になれば幸いです。

とにかく今すぐ相談てみたい方は、休日、年末年始でもお電話、メールをお気軽にお寄せください。お休みの日こそ動き出す時です。

実際の声

有限会社イソイ 様 ⇒ https://www.isoihouse.com/

弊社ではテコさんの模型を使ってお客様に喜ばれている点はお施主様はもちろんご自分の家なのでとても感動されます。まだプランニング途中のお客様の場合は、 同じような大きさの敷地に対しての、2階建て、3階建てのボリューム感の違いや 必要な間取り部屋数の確認をしていただくのに役立っています。 屋根の形状も参考にしていただいております。 何といっても、きれいな模型が並んでいるとその存在感にお客様の興味も湧き 手に取って感動されています。 特に女性のお客様はテンションが上がります。 平面的な図面で確認するより、立体のほうがよりリアルですし 上からライトを照らして日の入り方をシュミレーションしてご覧いただいています。

杉本設計室 一級建築士事務所 様 

都市計画のスタディ、プレゼンには、白模型が一番相手に伝わりやすいと感じます。実際には既存の建物はそれぞれの外装をまとっていますが、計画地や計画建物の都市の中の位置付けを理解いただくには、既存建物や道路などを抽象的な白模型にするのが一番わかりやすいと感じています

杉本設計室様の事例:S=1/50

N株式会社 T 様 

プレゼンでお願いしている事例が当社では多いと思いますが、やはりお客様の理解は早いと思います。 弊社は住宅ではなく、工場や研究所で数千㎡程度のものが多いですが、以前に阿部さんにお願いした模型でも、ある程度スケールの大きい模型で内部もわかると、お客様にもみていただけますね。 パースや3Dモデルの良さも当然ありますが、実際のスケール感、空間、光といった所はやはり模型でみたいと思う事は多いです。

株式会社イトウ 宮原 様 ⇒ https://sagaito.com/

模型の効果と致しまして実感しております事が、
・成約率が上がった。
・プラン変更の回数が減った。
この2つの事を実感致しております。 特に競合先の建築会社が工務店の場合は、なかなか模型の作成を短時間(初回プラン)で行うところが少ないもので、非常に感謝致しております。

株式会社イトウ様の事例:S=1/50

O 様 (建築会社勤務)

お客様へは見積提出時にご覧いただきます。緊張する金額の話と逆で、平面的な3Dとは違った立体模型に大変喜ばれ、打合せも盛り上がります。お引渡し後、たいせつに飾ってくれているお客様もいます。

アトリエ エフ・スタイル 様 ⇒ https://atelierfstyle.wixsite.com/kazenomieruie/

打合せに模型を用いると、図面だけでは伝わりにくいボリューム感を体感いただく事ができ、施主様とのイメージのズレを補正してくれる効果があると感じています。また、工事部門との間でも、取合い部などを模型を見ながら説明しています。実際に形となっているので一目瞭然、説得力が模型にはあります。

DIGDESIGN 嶌 様 ⇒ https://www.digdesign.jp/ https://plan.digdesign.jp/

お客様に建築を伝えるのに最も効果的なのは模型です。 模型は全ての段階で作成しています
白模型は初期のコンセプトや構成を伝えるのに優れています。 着色されていない分想像力が膨らみます。 お持ち帰りになるお客様が大半で、後日模型をよくみてくれていることがわかりこちらも嬉しくなります。

DIGDESIGN様の事例:S=1/50

株式会社ビーテック 林 様 ⇒ https://www.b-tech-o.com/

弊社では模型をお見せすると、お客様(特に男性受けが良い)が喜んで頂き建築模型を初めて見る興味と、それが自分の家になるオンリーワンの模型である事に喜びを感じられている様です。私は設計契約後にプラン確定がなされた段階で作製を依頼するので、顧客満足に繋がっている事は間違いないと思っております。

株式会社ビーテック様の事例:S=1/50

compacts.inc 原田 様 ⇒ www.compacts.jp

複雑な形状や敷地の高低差を理解してもらいやすく非常に助かりました。

株式会社エコリフォーム 様 ⇒ https://www.eco-inc.co.jp/

スケルトンリフォームのプレゼンで白模型をお願いすることが多いのですが、『リフォームでも模型を作ってくれる』とお客様はとてもお喜びです。
図面では完成のイメージが沸かないお客様も、模型は立体的に把握できるので、ワクワクがUPします。
模型を見て、ご要望が増える事も。 お客様のご希望と、私達のご提案にズレがないか確認できるので、その後の打合せがスムーズに進みます。

株式会社エコリフォーム様の事例:S=1/50

株式会社G社 M 様

展示会で自社のサービス・商材をわかりやすく紹介するために、住宅内の設備やその周辺環境を模型で制作していただきました。 来場者が興味を持って見てくださり、サービスを紹介する良いきっかけとなりました。こちらの要望を細かく反映してくださったテコさんには、大変感謝しております。

株式会社ヨネムラアーキテクツスタジオ 米村 様 ⇒ http://yonemura-archi.net/

基本設計をほぼ終えて、実施設計において白模型を使いクライアントに具体的なイメージを持っていただくのに 大変役立ちます。クライアントからは完成までに模型を見ながら完成後を想像するのがとても楽しみですという感想をいただきます
図面はどうしても2次元なので、ある程度専門的な知識がないと具体的に想像することは難しいのですが、模型は見たそのままのかたちなので、一般の人にとっては完成された姿を想像するのにとても役立ちます
阿部さんに依頼して作って頂いた住宅模型はとても美しく、やはりプロは違うなと関心します。 特に家の模型は家族で見ながらあれこれ話し合いながら家のイメージを持っていただくのに大変役立ちます。

設計島建築事務所 三浦正博 様 ⇒ https://sekkei-jima.com/

お客様へのプレゼンテーションで利用しています。
お客様が模型を見たときの驚きや感動があります。
CGを併用することもありますが、実際に手にとって見ることのできる模型の方がわかりやすいようです。
テコさんの模型は精度が良く綺麗なので印象も良いです。

設計島建築事務所様の事例:S=1/100

株式会社TERRAデザイン 様 ⇒ http://terradesign.co.jp/

白模型活用の効果活用については、大きく3つのポイントで期待しています。
POINT1 ープラン検討の際の空間検討ー
  切ったり貼ったりしながら3Dでの空間の理解をしながらエスキスをする。
POINT2 ークライアントへの打合せ&プレゼンー
  CGパースはイメージ把握、模型は空間把握のツールとして。(パースや写真は広角にすると大きく見せることができてしまう。)
POINT3 ークライアントへのプレゼントー
  色付き模型にすることが多いが、大変喜ばれる。

株式会社TERRAデザイン様の事例:S=1/50
PAGE TOP